涙、創想

日常のあれこれを言語化していきます。

FXで私が負ける6つのパターン

f:id:sou0101:20170106181059j:plain

 
こんにちは、そうパパです。
 
4年ほど前からFXトレードを続けております。
トレードを始めた頃はインジーターを色々表示したり設定値をいじったりと、根拠がなく、感覚だけのトレードをしておりました。
また負けることがいやで、損切りができなく損失だけが膨らみ神に祈るといったスタイルでした。
その結果、痛い損失も被ったこともありましたが、それでも色々な教材を使って勉強を積み重ねていくうちに少しずつ値動きの方向性や大衆心理などがチャートの中から読み取れるようになっていき、少しずつ理のかなったトレードができつつあります。
 
トレード成績は月単位で勝ち越しの月もありますが、年間ではまだトータルで勝ち越したことはありません。トントンか、むしろマイナスで終わってます。
 
順調に利益も積み重ねても、あるところで資金を一気に減らしてしまい、安定的に資金を増やしているトレードには至っておりません。
 
今年こそは安定的に勝てるようになり、FXが収入の一つと言えるようになりたいです。
 
今日は、利益を積み重ねてきたのに、一気に資金を減らしてしまう私の王道の負けパターンを振り返ったので、ご紹介します。
 

1.勝ちが続いたとき

連続して勝っているときは、だいたいがその後資金を減らしてます。
利益を順調に積み上げられていると、利益目標をつくってしまい、この金額まで利益を上げるぞ、といった気持ちが大きくなってしまい、無理やりなトレードで損失を食らってしまいます。
 

2.勝ちたいという気持ちが強いとき

上記に類似してますが、今日のトレードではここまで利益を積み上げたいというときや、連続して負けてしまい、なんとかプラスでその日を終わらせたいと思うときにも、大きく資金を減らしてしまってます。
とにかく損をしたくない、資金を減らしたくないという気持ちが強いときに起きます。
一時的に利益がのっていたのに、その後反転して建値決済してしまったときにも、せっかく利がのっていたのにという気持ちが現れてしまい負けてます。
 

3.値動きが常に気になってしまうとき

頭の中がFXのことばかりになったときにもだいたい資金を減らしてます。
負けが続いているときなどはチャートが気になってしまい、少しでもトレンドを探してエントリーしてしまったり、長時間チャートを見続けて疲れ果てて、よくわからないところで無理なエントリーをしてしまって負けてます。
 

4.ルールを破ってしまったとき

これは本当にFXでは論外なのですが、まだやってしまうことがあります。
ロットを一時的に増やしてしまうことや、損切りポイントをひろげてしまうことがあります。
だいたいは、少しでも資金を減らしたくないという気持ちが強いときに、ルールを破ってしまってます。
なんとか、資金をプラスで終わらしたいという気持ちが強いときですね。
 

5.暇であるとき

忙しい時はゆっくりFXしている時間がないので、さくっとチャートをみたり、事前に予定しているエントリーポイントまでレートが到達するのを待ってから、1回だけエントリーし決済という感じです。その結果、少額でも利がのり、積み重なっていった結果、資金が増えているといった状況です。
暇な時はチャートばかりみたり、なんとかエントリーポイントをみつけて、何度も何度もエントリーしてしまってます。
 

6.精神的に満たされていないとき

仕事で嫌なことがあったときなど何かつまらないときにトレードすると、強引なエントリーになったり、いつもより枚数のあげたロットでエントリーをしてしまうことが多く、負けてしまってます。
買ったときの高揚感を求めようとしてトレードしているのかもしれません。
 

最後に

これ以外にもあるような気がしますが、大概は欲が出過ぎたときに負けているということですね。今年はこれらのパターンに陥らないよう、上手に自分をコントロールする術をみつけて、安定的な益を得ていきたいとおもいます。
 
本日もお読みいただきましてありがとうございます。