読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涙、創想

日常のあれこれを言語化していきます。

自己肯定感を大切にするために

こんにちは、そうパパです。

 

今年のテーマに入れたいことのひとつが自己肯定感です。

昨年、読んだ本でこの自己肯定感という言葉を意識するようになりました。

それまで特に意識してなかったのですが、この本を読んで、自分は、自分に自信を持てなくなっている、自己肯定感の低い状態にあるということを感じました。

 確かにいろいろ思い起こすと、この5〜6年ほどの間で自分に起きたことで、自信を持てなくなっていたようなのです。

 

すぐに怒ってしまう自分が嫌だった。

ちょっとしたことにすぐにムキになったり、怒ってしまうことが多いと感じておりました。

妻にちょっとした事を指摘されるだけで、すぐカッとなって言い争いをしている自分がいます。

妻との喧嘩の原因のほとんどはそれなのではないかと思うぐらいです。

 自分に自信がないのでなんとか言い訳を探して自己弁護してしまうのです。

 

妻と口喧嘩しながらも、一方で、心の中では

自分が悪いことを素直に謝れるような人間になりたいとは思っておりました。

 

 

毎日のできたことに焦点をあてる

 

今年は、この自己肯定感を高めていく為にいろいろと行動していきたいと思います。

 

まずは、その1つとしては、毎日、自分のできたことにフォーカスを当てていくことにします。

できなかったことばかりに目に行くことが多い日常の中で、今年はできたことを意識して、そして、それを毎日でも少しづつ言語化して、実績として積み重ねていき、小さな自信につつなげていきたいです。

 

 

 本日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

本日のできたこと

到着後、捺印して郵送しなければならない書類を到着したその日にすぐに開封してポストにすぐに投函したこと