涙、創想

日常のあれこれを言語化していきます。